×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

管理人のプロフィール

2004.8現在

HN

マイカ(とあるゲームのキャラクターからとった)

生息地 首都圏
誕生日 9月5日(乙女座)
現在の生活

とりあえず、主婦らしきことがメイン。3人の子持ち。出生率の低下に微力ながら歯止めをかけたと豪語しているが、実際は何も考なかったら、こうなっただけ。親の背中を見ながら育った子どもたちは、着実にオタク人生への階段を登りはじめて・・・いるらしい。

好きなアニメ

スクライド、ガン種、蒼穹のファフナー、新世紀エヴァンゲリオンその他にもいっぱいいっぱい・・・とりあえずは、種デスティニーが楽しみ。

ちなみに、生まれて初めて見たテレビアニメはアトム、で、生まれて初めて劇場で見たアニメがサイボーグ009の怪獣大戦争。なんと、これが最近DVD化された。いい時代になったものである。

好きなゲーム

サクラ大戦シリーズ、真女神転生シリーズ、ゼルダシリーズ、バイオハザードシリーズ、こうやって見ると、大作志向だなあとつくづく思う。ただし、FFは8まで、ドラクエも7まで(8は多分買わないだろう)。ある意味人生を変えるほどはまったゲームは、ときメモGSであった(ときメモシリーズは、これしかやっていない)

剣野ゆきひろ(現在は菅野ひろゆき)のギャルゲはみんな好き。特にYU-NOとDESIREとEVE BURST ERROR. それにしても、どうして同じゲームをマイナーチェンジしながら、あらゆるプラットフォームで出すのか・・・PS、セガサターン、WINと、同じゲームを3本買ったこともある。泣きたい

好きなまんが

生まれて初めて自分の小遣いで買ったのは、ベルばらである。萩尾望都がトーマやポーを書いていた頃は、本当に好きだった。あとは山岸涼子や、木原敏江といったまんが家の作品が、少女時代のバイブル。その後少女まんがよりは、むしろ少年、青年まんがを読み漁る。もっぱら借りて読んでいたので、あらかた内容は忘れたが。マイナーなところでは、諸星大二郎はよく読んでいた。あと結構読んだのが、池上遼一。ただし、傷追い人まで。

結婚、子育てでしばらくまんがからは離れていたはずだったが、再び読みだすきっかけになったのがドラゴンボール。以降、幽遊白書、ヒカルの碁などを読む。子どもたちもまんがを読みだす年頃となり、それぞれがでたらめに買ってくるようになったため、さすがの私も、家にあるすべてのまんがは把握できない状況となった。最近はまったのは、クロノクルセイドとデスノートあたりか。一時期渡瀬悠宇にはまったことがあったが、さすがに最近はついていけなくなった。年のせいか、嗜好が変わっただけなのか・・・

好きな本

一生で一番本を読んだのは、中学生時代だろう。いわゆる文学作品を読み漁った。特にヘルマン・ヘッセが好きだった・・・(今にして思うと意味深である)。でも、子どもの頃から一貫してミステリー分野が好きだったことは間違いない。ルパンものと、江戸川乱歩は、あらかた読みつくした(ただし子ども向け文庫で)。

オトナになってからは、パトリシア・コーンウェルの検死官シリーズは大分読んだが、いかんせん時間がなくて、「警告」以降は読んでいない。なんか・・・シリーズものは長すぎるとだれる、とつくづく思う。最近は、高村薫の作品を愛でている。イロイロな意味で。

人生のモットー 自分の欲望に正直に(笑) がまんのしすぎはからだにわるい(あ、でも、周囲の人に迷惑かけない、これ鉄則。まあ、食事のしたくが遅かったり、整理整頓に多少難あり、という程度は、私の脳内ではたいした迷惑には分類されないので)